忍者ブログ




[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

POSTED 2018/11/19 20:43 TRACKBACK URL  Newer : 前のページ

セドナの位置


View Larger Map

アリゾナ州はカリフォルニアの東に位置し、メキシコとの国境沿いの州でもある為、メキシコ系の移民が多く住んでいます。

セドナは州都フェニックスからI-17を北へ2時間(飛ばせば1時間半くらい)で、途中ゴルフコースがたくさんあります。ちなみにカリフォルニアのLAからだと約6時間〜7時間くらい(休憩の回数や、どれだけ飛ばすかでもちろん変わります)かかります。ちなみに私はすっ飛ばしたので6時間くらい(途中休憩1回)で到着しました。

レンタカーした場合のルートは、

1.フェニックスから
2.ラスベガスから
3.LAから
があります。アメリカ国内線でセドナ空港(小さいです)もしくはフラッグスタッフ空港(セドナから30分くらい)に入り、そこからレンタカーする手もあります。

フラッグスタッフからセドナを繋ぐ山道89Aは景観の良さで知られています。レンタカーで回る際には、ここを通るのもおすすめです。ただし、冬などは雪が積もったり、道路が凍結しているときは通行止めになります。崖っぷちエリアにある道路で、かなりのヘアピンカーブが続くエリアがあります。ドライブに慣れている方にのみおすすめです。ちなみに、89Aでフラッグスタッフ〜セドナ間は1時間くらいです。

運転に慣れている方はレンタカーで現地に入った方が、好きな様にボルテックスを回ってみる事が出来るのでおすすめです。(ペーパードライバーの方は、危ないので諦めましょう。)







PR

POSTED 2011/01/10 19:06 COMMENT 0 TRACKBACK URL  Newer : 前のページ

セドナとは?

セドナはアメリカのサウスウェスト(南西部)と呼ばれる地域にあるアリゾナ州の小さな町です。州都フェニックスからは北に2時間くらいで、そこから更に2時間行けばグランドキャニオンがあります。1876年に白人が入植してくる前は、Yavapai(ヤヴァパイ)とApache(アパッチ)の人々が居住していました。ちなみに、セドナという町の名前は、初代郵便局長の妻セドナさんから来ています。

sedona02.jpg

セドナの見所は、赤く染まったサンドストーン(砂岩)で出来た地形で、ここら辺一帯は「レッド・ロック・カントリー」と呼ばれています。

どうして赤くなったの??

その昔ここら辺一帯は水の中だったそうで、鉄分が多く含まれている土地が酸化して赤くなったのだそうです。というのはこの色のグラデーションを見て納得するのですが、下の方が最も長く水に使っていたから下に行けば行く程赤いのかな、と思っています。ちなみに、その後再び浸水して石灰層(ライムストーン)が形成されたそうです。白っぽいのが石灰層ですね。

さて、そのセドナがここ最近有名になったのが、パワースポットとして脚光を集めたからなのですが、そのパワーの源になっているのがボルテックス(渦巻き)と呼ばれる4つのスポットです。強いエネルギーが放出されているスポットなのだそうですが、人によっては前世を思い出したり、なにか懐かしい気持ちになったり、持病の痛みが直ったり、などの不思議体験があるそうです。(残念ながら私には起こりませんでしたが。。。)

セドナを訪れて、人生が好転した!という話も多いそうです。ちなみに彼女でさえいなかった人が、ここを訪れた3ヶ月に結婚したというのを実際に見ました。何度も行った筈の私にはそういう経験はまだないのですが。。。でも確かにパワースポットと呼ばれるのが分かるような、美しく雄大な景色と、厳かな気持ちになる夕暮れ時のレッドロックの色の移り変わりは、何度足を運んでも飽きない何かがあります。

またそのパワーゆえ、セドナはニューエイジとか、スピリチュアル系と言われる人々を引きつけ、そのコミュニティが出来上がっているようです。そして観光客も年々増え、去年訪れた時には新しいホテルが増え、道路も工事して広げたりしていました。日本からも多くの観光客が訪れているようで、ちらほらと見かけました。

赤い聖地と呼ばれるセドナでは、その昔から住んでいたネイティブアメリカン(インディアン)の人達が儀式で使っていたメディシンホイールも残されています。残念ながら観光客が増えて荒らされてしまったものもあったそうで、その場所などは今では公表していないものもあるそうです。

セドナ近隣にはネイティブアメリカン(インディアン)の遺跡も多く点在しています。少し足を伸ばせば、そんなに歴史の長く無いハズの「アメリカ」の、先住民であったネイティブアメリカンの人達の長い歴史を垣間みることも出来ます。LAやNYなどのコンクリートで固められた都会からは考えられないような、本当にひっそりと残された遺跡には、何とも言えない感慨深いものがあります。







POSTED 2011/01/09 20:07 COMMENT 0 TRACKBACK URL  Newer : 前のページ

Newer :  前のページ   

HOMEへ戻る

セドナ旅行 セドナ旅行
アメリカ国内どこでも使えるVISAで、しかも海外旅行傷害保険付き
三井住友VISAカード セドナ旅行
このブログについて

当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。相互リンクご希望の方はコメントなどでご連絡下さい。記事や画像の無断転載は禁じております。使用する際には、当サイトを参照先としてリンクするかご一報ください。

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(海外ドライブ)へ
にほんブログ村

クリックしてこのブログを応援して下さいね!
最新コメント
[08/01 石井 由起子]
[10/15 maimai]
[08/08 KAORU]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
maimai
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
BBS7.COM
MENURNDNEXT
スポンサード リンク

このページのトップへ移動

Copyright (C) セドナ アリゾナ パワースポット巡りの旅. All Rights Reserved